中期経営計画

中期経営計画の基本方針

 当社企業グループは、主力の百貨店業において、益々多様化・個性化するお客様のご要望を捉え、上質で専門性ある商品とデイリー商品とのバランス感のとれた営業活動に努め、地域社会に貢献する百貨店を目指すとともに、更なる経費構造の見直し、業務の集約・効率化を推進し、収益基盤の強化に取り組んで参ります。
 併せて、成長戦略として、Webビジネス強化や、小型店の取組み強化による地元市場への深耕等、売上向上策を中心とした取り組みを推進して参ります。

目標とする経営指標

 2020年度の経営目標数値については、新型コロナウイルス感染症の影響により、売上高への悪影響が懸念される情勢であり、現段階において影響額を合理的に算定することが困難なことから未定としております。今後、予想が可能となった時点で速やかに開示いたします。

戦略重要課題

 当社を取り巻く経営環境は、業際を超えた競争激化や顧客ニーズが益々多様化するなど、引き続き厳しい状況が続くものと予測されます。
 なお、新型コロナウイルス感染拡大への対応は、当面は、お客様の安全を第一とした対応を最優先すると同時に、業績への影響を最小化すべく、営業面・経費面で臨機応変の対策を実施して参ります。
 また一方では、将来に亘る安定的収益基盤を確立すべく、百貨店事業の営業力強化に向け、下記の課題に取り組んで参ります。
 ①売れる商品・企画の開発力強化
 ②市場への発信力強化
 ③店頭販売力の強化
 ④成長戦略の推進
 ⑤CSR経営の推進